スポンサーサイト
--.--.--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
PEにとっての日本市場は有望なんですね。
2007.04.05(Thu)
国内外の投資ファンドによる日本市場への関心が高まっている。日本のプライベート・エクイティー(PE)市場は欧米に比べて未成熟だが、今後は安定的な成長と高いリターンの獲得が見込めるとの見方が優勢。

 ただ、国内の企業経営者の間では「短期間で荒稼ぎする」とのイメージなどから投資ファンドに対するアレルギーが強いほか、有能な人材が不足しているなどファンドを取り巻く課題も多い。さらに、投資家サイドからは市場の成長を上回るペースで投資資金がファンドに集まっていることを懸念する声も出ている。

 昨日から2日間にわたって開かれたアジアン・プライベート・エクイティー&ベンチャーキャピタル・フォーラムで複数の投資ファンド幹部や機関投資家が語った。

<日本のPE市場は年率15─20%ペースで成長へ> 

 英コラー・キャピタルが昨年行った調査結果によると「PE市場として日本は新興市場」とみている投資家は全体の7割を超えた。世界の投資家70社を対象に行った調査の結果だが、フォーラムに出席した投資ファンド幹部からもこの見方に同調する意見が相次いだ。

 ジャフコの加納恒典・事業投資本部長は、バイアウト案件の総額がGDPに占める比率は英国で約0.6%、米国で0.4%、韓国でも0.2%なのに対し、日本は0.1%に過ぎないことから「日本はまだ新興市場」と指摘した。スパークス・キャピタル・パートナーズの山下博史プリンシパルも「日本では長い間、株式の持ち合いとメガバンクによる企業統治がなされてきたが、株主による資本効率化要請などで2000年前後からバイアウトが始まったばかり」と述べ、欧米に遅れをとっているとの見方を示した。

 それだけに今後の成長に対する期待も強い。ユニゾン・キャピタルの江原伸好代表取締役は、物言う株主などの登場で経営者による企業統治の改善志向が高まっていることや金融機関による融資体制も充実したことから、「国内のPE市場は案件ベースで年率15─20%の安定的成長を続ける」とみる。

 昨年9月に米TPGキャピタルのパートナーに就任した津坂純氏も楽観的。ゴルフ会員権価格の上昇など景気回復効果が広がってきているほか、「昨年は日本企業のCEO(最高経営責任者)に会うことは不可能だったが、今は会えない人はいない」など環境が変化しつつあるためだ。同氏は、ホテル、地銀、テクノロジー分野で売りに出ている企業が複数あり「これらの案件が1、2件まとまれば津波現象が起きる可能性もある」と述べた。

 案件のタイプとしては、大手企業による非中核事業の売却、経営陣による企業買収(MBO)、セカンダリー・マーケットへの売却が増えるとの見方が大勢を占めたが、08年度に日本版SOX法(企業改革法)が施行されると内部統制の体制強化が求められるため、中小企業による非公開化の動きが加速するとの指摘もあった。

<高いリターンを期待> 

 コラー・キャピタルの調査では、日本のバイアウトファンドへの投資で運用開始以来16%強のネットリターンを達成した投資家の比率は72%と他の地域を上回った。欧米やアジア地域全体のバイアウトファンドへの投資で同水準のリターンを達成した投資家は全体の5割程度。また、投資家の8割強が今後3─5年間でも日本のバイアウトファンドの平均リターンが16%強に達すると回答したという。

 日本では不良債権の処理を巡り、短期間で高いリターンを生む再生案件が多かったことが背景とみられるが、カーライル・グループのマネージング・ディレクター、丸茂正人氏によると「今でも案件によっては非常に高いリターンが見込める機会が数多く転がっている」という。

 今後は再生案件より成長力を高める案件が主流になるとみられるが、MKSコンサルティングが「今後もバイアウト案件からは30%程度のリターンを目指す」(松木伸男社長)ほか、スパークス・キャピタルも「中小型で競合にならないような案件に投資することで、平均25%程度のリターンを目指す」(山下氏)という。 

<資金の過剰流入>

 潤沢な資金フローが続く投資ファンドにも悩みはある。外資系ファンドを中心に「ハゲタカ」のイメージが払拭されておらず「外資嫌いのセンチメントが根強い」(ゴールドマン・サックス証券のマネージング・ディレクター、アンクル・サフ氏)ことや「税制の問題も投資ファンドと投資家の共通の悩み」(カーライルの丸茂氏)。ファンドの新規参入が相次いでいることで、経験と人脈を兼ね備えた人材の確保も厳しくなっている。

 MKSの松木社長によると「事業会社を含め約30社が参加した入札もあった」ほど買収案件を巡る競争は激化している。PEファンドに投資している国内機関投資家からは買収価格の高騰による投資リターンの悪化を懸念する声も出始めた。PEに投資と融資をしている日本政策投資銀行の新美正彦調査役によると「海外投資家が急激に日本に資金を入れており、数年前では考えられない数百円規模のファンドが組成されている」ため、ファンドが安く買って高く売るのが難しくなっている。同調査役は「市場の成長に比べ金が集まり過ぎていることが懸念材料だ」と述べた。
スポンサーサイト
100兆円×1%
2007.04.15(Sun)

投資信託産業は既に1兆円を突破しているんですね。 いかにこの数年間で儲けているのかわかります。 投信産業の発展で雇用が増えておりますし、経済貢献は計り知れ無いものですね。 ここでもその規模の拡大の影響を株式投資の観点から分析しています。 国内投資家保有の投信残高が記録を更新中だ。投信協会が発表している、国内で設定されている全ての投資信託の2007年2月末純資産総額と日本証券業協会が発表している2月末外国投信残高を合わせた国内投資家が保有する投信残高は、合計で117兆9888億円となった。9カ月連続で増加し、過去最高を更新している。同残高は06年8月末に初めて100兆円を突破している。  投信協会によると、国内で設定されている全ての投資信託の2月末純資産総額は109兆5271億円で、前月比1.2%増加、9カ月連続で過去最高残高を記録した。  国内投信の全体の統計を取り始めたのは2004年4月。04年末は58兆0361億円。05年末は83兆1887億円だった。1年前の06年2月末は85兆0861億円で、1年間で純資産は3割近く増加した。  投信協会によると、同データを取りまとめる以前は、公募投信と私募投信の純資産の合計が近似値になっており、それまでの過去最高額は2001年5月の64兆8814億円(公募投信59兆9518億円、私募4兆9296億円)だった。  投資信託では、純資産約75兆円の公募投信が注目される傾向にあるが、私募投信や不動産投信など投資法人の純資産も含めると、日本の国内籍投信残高は120兆円近い規模にまで成長している。  国内投信全体像のデータは、投資法人のデータ取りまとめに時間がかかるため、全てのデータがそろうのは1カ月遅れになっている。
ベトナム市場の魅力
2007.04.22(Sun)
ベトナムへの投資に関しては以前にもニュースを取り上げております。
市場規模が小さいことから大量の外資流入はバブル的なものを引き起こす可能性があります。こうった市場へ資金が流れるのは一種の最終場面的な様相なんでしょうか?

注視していきたいところです。

時価総額約2.5兆円の社会主義国ベトナムの市場に、約1500兆円の個人金融資産を抱える日本から熱い視線が注がれている。昨年秋頃からBRICsに次ぐ投資先として証券会社や運用会社が注目。ファンドが次々と立ち上がっているほか、個人投資家が現地に口座を開設して直接株式を買うナマ株投資も膨らんでいる。

 <BRICsの次はVISTA>

 中国やインドといった新興国市場への投資が注目を集め、国内投資家が保有するBRICsファンドの残高が2.85兆円(2月末)となるなかで、新興国市場に投資する商品の設定が目白押しで予定されている。20日現在、5月末までに設定される45本(4月29本、5月16本)のうち、16本(4月8本、5月8本)が新興国を投資対象にしているファンドだ。

 なかでも投資先として頻繁に目にするのがASEAN加盟国であり、ポストBRICsといわれるVISTA──ベトナム、インドネシア、南アフリカ、トルコ、アルゼンチンの5カ国。中でも、特出して多いのがベトナムだ。

 <ベトナム株ファンドの現状>

 すでにベトナムに投資するファンドは立ち上がっており、外国籍や国内籍ファンド、商法上の匿名組合など様々な商品がある。

 2005年11月にスタートしたキャピタル・パートナーズ証券の「ベトナム・ドラゴン・ファンド」の2月末純資産は3億3410万米ドル(スタート時は5000万ドルだった)。日本円にして約400億円。パフォーマンスは10ドルで設定したのが2月末時点で19ドル20セント。クローズド・エンド・ファンドで、半年に一度、投資会社が発行する株式を売り出す形になっている。

 藍沢証券が取り扱っている06年10月設定のケイマン籍の「フェイム─アイザワ トラスト ベトナム ファンド」の2月末残高は96億1600万円。基準価額は1万3233円。

 初の国内籍公募ファンドとして06年11月に三井住友アセットマネジメントが設定した単位型の「ベトナムファンド2006─11」(販売は東洋証券<8614>)は、募集上限枠いっぱいの48億4200万円で設定し、足元の純資産残高は半年足らずで既に28%増の61億7771万円になっている。

 グローバル・リンク・インベストメントが募集し07年4月にスタートした「ベトナム株ノーロードファンド1」は、募集枠50億円に対し53億円が集まった。7月に運用を開始する第2弾(4月15日から募集開始)の募集枠は100億円。申し込み状況は募集開始から正味3日間で10億円を突破。3月末の口座開設は9500件に達し、1万件に迫る勢いだ。グローバルリンク アドバイザーズが発行している月3150円(年間約3.8万円)の有料メルマガ「ベトナム株通信」は500人を超す投資家が購読。現在も購読希望者が増加中で、無料メルマガの購読件数は約2万件となっている。

 公募初のベトナムファンドを取り扱った東洋証券によると「通常の商品に比べ新規顧客(要口座開設)が多かった」という。募集期間の終了を待たずに完売した1本目の「ベトナムファンド」では、口座開設手続き中に完売してしまい、購入できなかった投資家もいた。同証券では、第2弾の単位型の「ベトナムファンド2007─5」を5月31日に設定する。募集上限額は60億円だ。

 前出のファンド残高を合算しただけでも、ファンドを通じた国内投資家のベトナム株投資残高は600億円超。設定予定のファンドの募集額をあわせると800億円近い。BRICsで人気のブラジル・ラテンアメリカ地域に投資するファンドの3月末残高約570億円を上回る規模だ。

 <ナマ株投資も盛ん、現地口座開設ツアーも催行>

 ブラジルの個別株に個人が投資しているという話は聞かないが、ベトナムは事情が違う。日本人が現地を訪れ、証券会社や銀行に口座を開設。個別株式の直接取引が膨らんできている。日本国内にいながらベトナムの証券会社や銀行への口座開設をサポートするサービスを営む会社も複数出ている。ベトナム株口座開設ツアーを募集する旅行会社も出てきた。

 旅行会社エイチ・アイ・エスが4月13日に告知した3泊5日のベトナム株口座開設ツアー(19.8万円)には、毎日数件の問い合わせがあり、既に申し込みもあるという。ベトナム スケッチトラベル(ベトナム政府公認の現地日系旅行会社)では現地発の口座開設ツアー(ツアー代金100米ドル)を毎日午前と午後に催行、平均5─6人が参加しているという。

 口座開設費用として約200米ドル、口座開設後は口座維持手数料として毎月100米ドル、最初の口座への送金では1万米ドル以上など様々な制約があるにもかかわらず、個人がベトナムにはまっている。

 <ベトナム証券市場の現状>

 ベトナムの証券市場は2000年7月にホーチミン証券取引センター(時価総額約1.75兆円、上場銘柄109社)がスタートしたばかり。7歳未満のひよっこだ。05年にはハノイ証券取引センター(同7000億円、86社、05年設立)がスタート。3月末時点の時価総額は約2.5兆円だ。

 2.5兆円といえば、国内では公募投信最大のファンド国際投信投資顧問の「グローバル・ソブリン・オープン」<62002137JP.LP>に次ぐ分配型旗艦ファンドで、ピクテ投信投資顧問の「ピクテ・グローバル・インカム株式ファンド(毎月分配型)」(グロイン)<62004937JP.LP>とほぼ同等の規模だ。

 ベトナム株は上場の仕組みに特徴がある。ベトナム株の場合、国有企業の株式会社化(=店頭株を競売)が店頭公開を意味し、日本における上場のイメージに近い。これまでの上場銘柄は、この店頭公開時と、複数回に及ぶ公募売り出しを実施し、その都度価格が2倍、3倍、5割上昇といった具合に価格が上昇。上場時にも再び株価も上昇し、取引開始後に再び何倍というような値を付けてきた。

 株式市場が創設されて10年足らずのベトナム市場は、「国有企業が徐々に株式会社化され民営化されていく課程に究極のキャピタリズムがある。今後3─5年はかなり高い成長率が見込める」(岡三証券 証券情報部 アジア情報室のシニアストラテジスト高橋正樹氏)という。

 インドや中国など外国人投資家に対する規制が厳しい新興国が多いなかで、ベトナムの外国人投資家に対する規制では保有比率の問題が大きい。店頭株は30%、上場企業は49%までという保有規制があるが、外国資本のさらなる流入を期待するベトナム政府は、07年中にも上場株の保有規制全廃、あるいは店頭株の保有比率の引き上げ観測が浮上していることも事実だ。

 ベトナム株の投資魅力は上場前の未公開株(OTC)にあると話すのは、グローバルリンクアドバイザーズ代表取締役社長の戸松信博氏。戸松氏は、自身の足でベトナム企業を訪問し、これはという企業の株式(未公開株)を分けてもらうために大株主の自宅に足を運んだ。戸松社長は「いかに現地に溶け込んで情報を収集するか。自分の目と足で確かめ、社長からも直接話を聞いて初めて投資に値するかどうかを判断する。企業訪問を繰り返し、これだけ現地に入り込んでいる人はそうはいないと自負している。そうでもしないとベトナム株投資は難しい」という。

 前出の高橋氏は、「日本では上場株と未公開株は別物扱いされている。このため機関投資家や国内投信会社は、上場株への投資なら比較的制約なく行えるが、店頭株や未公開株となると一気に投資は難しくなる。生保や銀行は新BIS規制にも抵触する」という。

 ベトナムの証券会社BSC証券によると、ホーチミン支店の口座数は3月末時点で1万2865口座。うち618口座(全体の約5%)が外国人で、このうち590口座が日本人だという。機関投資家が新興国かつ現地通貨建ての投資に踏み切れない状況下、今後はますます日本の個人マネーの流入が予想されている。

 <リスクの覚悟も必要>

 しかしながら、証券市場自体が未成熟で、発展途上の市場に投資する以上、リターンは高くてもかなりなリスクも覚悟しなくてはならない。野村総合研究所の副主任コンサルタント、奥雄太郎氏は「今後は取引銘柄が増えていくことで、流動性も増してくる。上場銘柄が増えれば情報開示や規制も整ってくる」との見通しだが、池の中の鯨になってしまう可能性も指摘している。


中国市場から流出(投信)
2007.04.28(Sat)

長期投資で中国にお金を振り向けていたのかと思ったら、結構短期筋の個人の投資家が多いのが分かりました。アメリカではミューチュアルファンドはなかなか解約しないのが通常ですが、、、 調査会社エマージング・ポートフォリオ・ファンド・リサーチによると、中国株ファンドからの資金流出が進んでいる。資金流出は、世界連鎖株安のきっかけとなった2月27日の上海株急落前の2月上旬から始まり、上海市場が値を戻した今も続いているという。これまでの資金流出額は、香港・台湾関連ファンドも含めて26億ドル前後に達している。  同社の共同創業者ブラッド・ダーラム氏は、今週のインタビューで「2月、3月の株価急落に先立って中国ファンドから資金が流出していたのは明らかだ」と指摘。  同氏によると、中国や大中華圏(中国本土、台湾、香港)関連のファンドから資金の流出が始まったのは、2月7日に終わる週。  2月7日の週から、最新データが入手可能な4月18日までの間に、中国ファンドからは約16億3000万ドル、大中華圏ファンドからは約9億3400万ドルがそれぞれ流出した。  同氏によると、BRICsと呼ばれるブラジル、ロシア、インド、中国株のファンドは、数カ月前からすべて資金流出超となっている。  資金がどこに向かったのかは不明だが、ここ数カ月マレーシアとシンガポールへの資金流入が目立つという。  同氏によると、マレーシアファンドには過去5カ月で24億ドル、シンガポールファンドには過去6カ月で15億3000万ドルの資金が流入している。
アセットアロケーション4 ファンドオブファンズ
2007.04.29(Sun)

最近ファンドオブファンズと言う商品形態の投資信託が流行しております。幾つかのファンド(投信)を組合わせて一つのファンド(投信)にする商品です。 投資をする人が投信の組み合わせを決めることなく、ファンドに時間をかけることも必要なくなります。つまりアセットアロケーションが商品自身にで行われている事で、その商品を買うだけですむわけです。 幾つかの投信を集めており、その投信の組み合わせは投信間で相関などを十分検討され、さらに投信の組み入れ割合もアクティブに変更することも行われているものもあります。その組み入れ判断を行うのも運用のプロが行っております。 一見、非常に合理的な商品のように見えるので売れ行きも順調ですが、 次の回で紹介しますが、注意する点が一点ありますのでごらんくださいね。
手数料をもう少し解説(追加1)
2007.04.30(Mon)
もう少し手数料について具体的な投資信託の商品例をとって説明します。
これは日興クォンツアクティブというファンドの概要です。
信託報酬(税込) 1.2684 %
購入時手数料(参考)(税込) 3.15 %
購入時信託財産留保額 0.00 %
解約時信託財産留保額 0.50 %
このように信託報酬は約1.27%かかっております。これは、月にしますと、約0.1%です。例えファンドの運用の収益結果が0%でも、信託報酬を控除した場合に▲0.1%となるわけですね。
また、購入時点で3.15%の手数料を支払いますので、100万円投資しても実際に投資される金額は96万8500円なのです。
さらに、解約時点で0.5%の解約時信託財産留保金がかかりますので、購入して間もないファンドを解約した場合には100万円が96万3500円となってしまうのです。この解約時の信託留保金は、残った投資家に対して不利益のないように少しお金を解約した人たちからいただくものです。 ファンド運営にはファンド設定の費用、ファンドの会計監査などの費用がかかります。これらの費用を投資していた期間や金額に応じて平等に負担しようねと言う類のものです。
こう見てみると色々な手数料が実はかかっていることが分かりますね。
PRコーナー 投信選びの際の口座開設下の証券もお勧めです。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。