スポンサーサイト
--.--.--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
メンバーサイトから抜粋してしましました 申し訳ありませんが、
2008.02.06(Wed)
メンバーサイトから抜粋してしましました。お許しを。

面白い記事でしたので、一部だけです。

個人消費支出動向とともに、今後の注目材料とされた銀行の貸し出し状況につきまして、昨日FRBのシニア・ローン・オフィサー・オピニオン・サーベイ1月調査の結果が発表されました。

同調査は四半期に一度実施、銀行の融資担当者:国内56行、外銀23行が対象

マイクの注目点は、企業向け貸し出し(商工業ローン)です。大・中堅企業・中小企業向けもそれぞれ32.2、30.4と大きく上昇。(10月:19.2, 9.6)です。同数値が30を超えると本格的な景気後退局面として一般的に更なる環境悪化が想定されるということです。

尚、同指標は雇用の先行指数。雇用数字は大体2-3四半期遅行傾向します。

不良債権の増加トレンドに対して、金融セクターの直近の反発が目立ちますがローン市場は更なる厳しい状況が続きそうです。例に出される89-90年時は不良債権が減少傾向にあった点で現状とは異なります。

スポンサーサイト
日本のリストラが始まるのは時間の問題
2008.02.18(Mon)
外資の金融機関が日本から撤退するニュースがでております。サブプライムの問題が直撃し、収益の低い事業を見直す動きが出ているのですね。

日本もこれから本格的な雇用調整が始まると思います。

現に、毎月の収入が減少してきているデータが発表されました。

雇用の問題が今後問題となり、再度、日本は不況の道を歩む可能性が高いのですね。

だから、自己防衛、これから給与所得だけに依存するとワーキングプア予備軍となるか旺盛が高くなります。あまり、大げさに言うと悲観的過ぎるとのコメントが出てくるかも知れませんが、

日本は90年後半に経験しているので身をもって経験しているのですから、、、

自己防衛、そうです収入源を分散するスタイルにすることです。

会社からの給料+α、支出の見直しです。
現在のアメリカ株市場(日本株もそうですが)をあらわす
2008.02.23(Sat)
down


証券会社の方々はジェットコースターに乗っても両手を挙げています。

株価の下落に対しても何にも怖くないよといったことをあらわしている風刺画です。

日本市場も今そんな感じですね。特に、政治家さんたちは何で株が下がっているのに、
またはこれから下がる可能性が高いのに、

でも、日本の政治家は何の意図も無く、ただ単に株音痴、経済音痴なだけなんでしょうね。

ランキングに参加始めました。
応援宜しくね!!!!!

どうなることかわかりませんが、みんなの応援よろしくお願いします。






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。